40代からのまじめなスピリチュアル

59歳派遣主婦。自らの経験をもとに、自分の魂を知って自分だけの神に出会う方法について語ります。

神との分断は悲惨な末路が待っている。ではどうすればよいのか?

 

f:id:godwasword:20201014201648j:plain

分断と対立

人間同士の分断と対立は決して今に始まったことではありません。

私たち人間は生まれながらにして、自分を主張して互いを傷付けあってしまいます。

果ては殺し合いにまでに発展することもあります。

「もっと仲良くできないものか」と誰もが願い、努力してみるのですが、できない。

私も偉そうなことは言えません。イライラしてダンナに怒鳴ってばかりです、はい・・・

 

なぜでしょうね?

 

神は「愛」

「神」の別名は「愛」です。

全てを赦し、全てを受け入れ、全てを与える「愛」です。

人間には到底真似できることではありません。

この究極の「愛」が私たち人間の生みの親なのです。

 

この「愛の神」が、「愛」を込めて創作した人間に、どうして分断や対立という要素を設定するでしょうか?

 

するはずがありません。

 

ではなぜ人間は互いに分断し合って、いがみ合うのでしょうか?

 

それは人間側の裏切りにより、神と人間が分断されてしまったからです。

 

神との分断

サタンは、元々は神の側近として御使いたちのトップに君臨する栄光の存在でした。

しかしサタンは、神が「人間」というものを創作し、しかもその人間を御使いの上位に置いたことに嫉妬して怒り、神に反逆したのです。

サタンは、神より偉くなって、全ての被造物に自分を拝ませようとしたのです。

 

そんなサタンは神の怒りによって、地獄へ叩き落とされました。

その時、サタンは悔しまぎれに神の大切にしていた人間を地獄の道連れとしたのです。

人間はまんまとサタンの策略に引っ掛かり、神を裏切ってサタン側についたというわけです。

これが聖書の創世記に書かれているアダムとイブの大失態です。

 

この瞬間から神と人間は切り離されて、サタンの波動が人間に入ってしまったのです。

この神との分断が、人間の「罪」なのです。

神から見れば、自分を捨てて離れていった我が子は、罪深い子なのです。

 

それでは神であればなぜすぐに人間をサタンの手から救済しなかったのか?

と思われるでしょうが、そこには神のお考えがあります。

 

人間の理屈などが通るはずもありません。

神が「ダメ」とおっしゃれば「ダメ」なのです。

 

神は「完全なる義」の存在なのです。

人間は「不完全な罪ある」存在なのです。

 

神は一人一人の人間をサタンの手中に置いて、試しておられるのです。

 

サタンは全ての人の中に

分断、争い、怒り、ねたみ、対立、破壊はサタンの波動です。

人間にはサタンが住みついているのです。

一人一人の中にサタンは必ずいます。

もし「サタンなど私の中にはいない!」と言うのであれば、

その人はこの世に生まれてはこないはずです。

今頃は天界で神の仕事に励んでいるはずです。

 

罪があるからこの世に生まれてくるのです。

だからと言って、この世に生まれることは罰ではありません。

神を知るチャンスを求めて、魂があの世からこの世へやって来るのです。

 

人間はサタンに支配されながら、神を見出すのです。

暗闇の中にこそ光は見えるからです。

 

神の救済窓口

神は人間を見捨てませんでした。

2千年前にイエス・キリストを仲介者として、人間のために救済窓口を与えてくれたのです。

そうでなければ、全ての人間はサタンの餌食となって地獄のどん底へと引きずり込まれます。

 

あれから2千年が経ちました。

 

人間はどんな方向に向かっていると思われますか?

イエス・キリストの救済窓口は繁盛しているでしょうか?

閑散としているのではないでしょうか?

 

人間の末路

実はこの救済窓口には期限があって、期限が過ぎると閉じられてしまうのです。

つまり神の存在を知らず、神を信じない者は、結果として抹消されてしまうのです。

造り主の神によって、魂が抹消されるのです。

魂が抹消されるとは、「あなた」が永遠に消滅してしまうことです。

魂にとってこんな恐ろしいことはないのです。

地獄の底に落ちるより恐ろしいことなのです。

 

どうすればよいのか?

まずは眠っている魂の目を開けることです。

目が覚めた魂は必ず神を思い出します。

その後は、その人が魂と共に神に近づいていくことです。

その指南書は「聖書」です。

人間のなすべきことを、神が聖書に記してくれていますので、その通りに実行すればよいのです。

 

ただ、魂の目を開けることは人間にはできません。

聖霊」という神の霊を伴ったエネルギーが必要です。

「命のクリニック」では、セラピストを通してこの聖霊のエネルギーに出会えますので、私はおすすめします。